ヘアドクター発毛科学研究所
危険な植毛治療
ヘアケア用品は専門家の居るお店で:0120-41-9676
ホーム 商品一覧 髪の基礎知識 ショッピングガイド 髪のQ&A カート
髪の基礎知識>危険な植毛治療
危険な植毛治療


現在行われている植毛は大きく2種類に分けられます。一つは人工毛髪もしくは人毛(もちろん他人の髪の毛です)を頭皮に植え込む「人工植毛」。そしてもう一つは、側頭部や後頭部など自分の髪の毛がある部分の頭皮を髪の毛ごと、ある一定の大きさに剥ぎ取りそれを薄い部分に移植するという「自毛移植」です。


人工植毛とは

 ご自身の髪の替わりにナイロンか化学合成繊維で造られた人工毛を頭頂部や前頭部など薄くなった部分の頭皮に埋め込む方法です。
 この植毛術が始まった頃は、すぐに抜けたり、頭皮が感染症を起こしたりとクレームが続出し全国各地で「被害者の会」が結成され社会問題にもなりました。皮膚というのは、外界に対する生体のバリアです。その防御壁(バリア層)を突き破って異物が体内に入るわけですが、人工毛は身体からみればそれが同化して生体の一部になるわけではなく、あくまで異物として存在します。しかも頭皮に植え込んだ部分は頭皮に40種類も生息していると言われている皮膚常在菌などいろいろな雑菌やバイキンの侵入口にもなってしまう事が多いのも事実です。 感染を起こして抜けてしまうだけならまだ良いのですが、植えたときに頭皮の中に固着させるための工夫が施されているので、個人によっては人工毛が抜けないまま感染が続く事がありますので要注意です。


人工植毛のデメリット
  
私どもにいらっしゃる薄毛の方で目を覆いたくなるような無惨な頭皮の状態で来店なさる方がいます。その方々は皆さん全員が「人工植毛」をなさった方です。
人工植毛とは頭皮にナイロンか化学合成繊維によって造られた人工毛を埋め込み、あたかも頭皮から自分の髪が生えているかのように見せかけるものですが、本物の毛髪の毛根にあたる部分が

@球状になっているもの
AV字型になっているもの
B輪になっているもの

などがあります。 いずれのも毛根に当たる部分を頭皮に埋めこみ、固着させます。 ほとんどの場合、300本程植毛して2〜3日経過した頃から、植毛した部分が猛烈なかゆみに襲われ、かきむしった部分が炎症を起こし、化膿しております。

結論から言います。 
「植毛」はお金と髪と健康を失いますので、今の段階ではなさらない方がよいと思います。  多くの方々が植毛した毛も、それまでまだいくらかあった自毛までもすべて失ったにもかかわらず、ローンだけが残り泣きながらそれを返しているというのが現状です。
毛髪は、頭皮であればどこでも構わず生えているというものではありません。
全ての髪の毛は毛穴からしか生えてきません。毛穴と毛髪の間には、毛根をすっぽりと包み込むような形で毛包が存在しています。毛包の最も大切な機能としては、まず第一に外部からのあらゆる刺激を緩和し、雑菌や異物が体内に侵入しないように阻止し、毛乳頭と毛母細胞が絶えず正常な働きを維持できるようにしています。
仮に毛包がない事を想定していくつかの問題点を挙げてみます。

@ 外気温が冷えてくると毛髪自体の温度が下がり、低下した温度を毛髪が伝導し直接、皮下組織を冷やしてしまいます。
A 逆に、外気温が高いとその温度で皮下組織の温度を上昇させてしまいます。
人間の体温は36度を中心に、下限35度上限37度以内で生理機能が安定して作動します。頭皮もこの温度の範囲を越えてしまうか、又は低下してしまうと、酵素の持つ触媒作用が低下し、毛乳頭や毛母細胞といった髪の毛の製造工場に当る組織の働きを低下させてしまいます。
B 当然、他の正常な毛髪の生成、生長にも影響が考えられます。 毛包が無いという事は、防御壁としての役目も無いわけですから、あらゆる刺激を受けやすく、毛穴から体内への雑菌の侵入も阻止する事ができず、炎症や化膿となって現れます。 これらは、何かの拍子に手などの皮膚にトゲが刺さり、その部分が炎症や化膿を起こすのと同じと言えます。そのために雑菌の温床になりやすいキューティクルのある人毛を避け、人工毛を植毛するようになったものと考えられます。しかし毛包がない限り、皮膚の中に異物が入れば、人毛であれ人工毛であれ身体からみれば、どちらも「トゲ」が刺さっているのと同じ理屈で、この部分が毛穴だった場合は、新しい髪の毛の発毛をはじめ今ある髪の毛さえも正常な状態でハリのある髪に育てる事がともに困難になります。日常何気なく行っているブラッシング、整髪、洗髪、カット、パーマ等の施術、くせで毛髪を触る、毛髪を引っ張る等々…これらは全て毛根に負担をかけている事になります。特に毛の流れに逆らって毛髪を動かしている時は、更にその負担は増大します。

この様な状態が常に繰り返されていると、大抵の毛は抜けるか途中で切れてしまいます。 その例として、乳幼児、寝たきり老人の後頭部や側頭上部の脱毛、切れ毛がありますが、健康な髪であれば、通常はこの程度の負担では異常は起こりません。これらは、毛包が持っているクッションとしての緩衡作用が固着力と復元力を保っているからこそです。



自毛植毛とは
 
後頭部や側頭部の髪の毛は男性ホルモンの影響を受けないと言われています。 この部分から移植用の毛根を採取し、薄い部分に移植するのが自毛移植です。


自毛植毛のデメリット

@ 自毛を移植する外科手術である。
A 手術後は、痛みはもちろん麻酔によって生じる腫れやむくみなどがあります。
B 植毛では多くの場合、1回2ミリ間隔でしかできないため、密度が30%程度しか達成出来ない。一般的に約50%の密度があれば薄毛に見えないとされています。 従って、30%程度ではスカスカ状態ですので2回もしくはそれ以上の再植毛が必要。
C 植毛した髪の毛は発毛周期がリセットされる事により約1ヵ月後には全て抜け、4ヵ月〜6ヵ月位の休止期に入ります。それからまた新しい髪の毛が生えてきます。男性で1ヵ月で約1cm程度伸びますので髪の毛が生えそろうのに6ヵ月〜9ヵ月程かかります。
D 移植手術後2日程度で洗髪出来ますが、それまではかなりかゆみが生じます。
E 移植部の出血とカサブタが目立つので外出時は帽子が必要です。カサブタが取れるまでに10日前後かかり相当目立ちます。
F 植毛した周辺の既存の髪の毛が一時的に抜けたり新しい髪が永久に生えなくなる場合がある。特に細い毛やうぶ毛などはその可能性が高いと言われている。
G 植毛された髪の毛はDHTの影響を受けにくいので薄毛になる可能性は低いのですが、将来既存の髪の毛だけが脱毛し不自然になる可能性があります! 特に生え際は植毛の境目が脱毛してしまい不自然になる可能性が高いと言われています。 植毛医は将来の脱毛の進行を計算して植毛を行うのですが、予想以上に脱毛が進行した場合などは追加植毛が必要です。
H 皮膚を剥ぎ取った後頭部の傷は約半月程度で消えますが完全には消えません。ほとんどの方がキズ跡として一生残ります。
I 数年後にご自身の髪の毛を培養し育て、これをご自身の頭皮に定着させる毛髪培養をはじめ完全な発毛剤が実用化される可能性があると言われています。しかし植毛で髪の毛を育てる大地である頭皮をキズつけた人は、その時点で植毛した事を後悔する事になるかも知れません! 分かりやすく言えば技術的に「時代遅れ」になる覚悟が必要かも知れません。頭皮をキズつけた場合、これらの対象にはならないと言われています。
 

危険な自毛植毛

近年、健康な組織を切り取り、脱毛部に移植する生毛植毛法なるものがもてはやされているようですが、脱毛症の原因、要因は頭皮、体内、心の在り方、環境の悪化によって起こるものです。
ましてや、植毛した毛髪はどのように優れた理論からなる対症療法を行なっても喜びは束の間、一時的にはよくても、時間の問題でいずれ退化という運命にあります。
頭皮を傷つけ一時的な、喜びを持つ事に果たしてどれだけの価値があるのでしょうか? 

この方法も、将来決定的な発毛法や育毛法が開発された場合、やはり頭皮をキズつけている以上、その部位は対象にならなくなる可能性が極めて高いといえます。なんと言っても、頭皮は髪を育てる大地です。硬くなった頭皮を正しいマッサージで(マッサージのやり方を間違うと育毛ではなく脱毛マッサージになる)やさしく大切にいたわることはあっても、大地をキズつける事は極力避けたいものです。

髪の毛をはじめ人体にあるものは何一つ不要なものはなく、必要があるから付いているのであって、何かが欠ければそれらに関連する部位の生理機能が低下し連鎖的に様々な障害が起こると言われています。
また、その逆に体内に異物など不要なものが侵入すると、私たちの身体は身体自身を守るために徹底してそれらに対して抵抗する防御機能が働くようにできています。そういった働きが起きた結果として様々な症状を呈するのが、人間の生理であるという事を忘れないでください。
 
Copyright(C) ヘアドクター発毛科学研究所 All Rights Reserved. 
現在のページ:危険な植毛治療