ヘアドクター発毛科学研究所
脱毛のメカニズム
ヘアケア用品は専門家の居るお店で:0120-41-9676
ホーム 商品一覧 髪の基礎知識 ショッピングガイド 髪のQ&A カート
髪の基礎知識>脱毛のメカニズム



脱毛のメカニズム


髪の毛はこうして発毛・育毛と自然脱毛を繰り返している

私たちの毛髪は一つの毛穴から3本または5本生えていて、全体の量としては少ない人で6,7万本、多い人で14、5万本で平均すると約10万本と言われています。
そして、その方の年齢や男女によって差はありますが、一つの毛穴から3本または5本生えている髪の毛のうち、いわゆる主毛と言われるものを除いておよそ3年〜6年前後の周期で毎日自然脱毛と発毛を繰り返しており、1日50本〜60本位の抜け毛であれば心配いりません。
通常、毛根の一番下の部分にある「毛乳頭」(髪の毛を造るために必要な18種類のアミノ酸を中心とした栄養が血液によって送り届けられる組織)から栄養が受け渡された「毛母細胞」(血液によって毛乳頭に送り届けられた18種類のアミノ酸を中心とした栄養を髪の毛に造り替える、毛髪の製造工場に当たる組織)が細胞分裂を繰り返すことによって髪の毛が造られ、その髪が上に押し上げられて毎日生長しています。また生長のスピードは個人により差がありますが、1日24時間で約0.3・4mm〜0.5・6mmと言われています。
しかし、毛乳頭への血液の流れが悪くなったりストレスやホルモン・皮脂の過剰な分泌、ビタミン不足といった様々な原因により、毛髪の生長サイクルのバランスが崩れたとき、本来なら生長期の過程にあってこれからまだ3年〜6年も伸び続けるはずの抜けなくてもよい髪の毛が寿命よりも早く抜けてしまう異常脱毛が発生します。

比べて見て下さい。こんなにも違う脱毛症毛根と正常な髪の毛の毛根
脱毛症毛根
正常な毛根

<脱毛症毛根>

<正常な毛根>

※角栓 古くなった頭皮がはがれ落ち汗や脂などと混じってかたまりができた状態。そのかたまりが毛穴の出口を塞ぎます。
※脂栓 毛穴の中にある皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴から頭皮の外へ完全に排泄されきれずに毛穴の奥にコンクリートのように硬く頑固にこびりついた状態。この頑固な汚れはいくら毎日シャンプーしても通常のシャンプーでは除去することができない。また皮脂は毎日分泌されているので一旦きれいにしてもまたすぐに汚れてしまう。従って脂栓や角栓ができないようにするためには自分の体質に合わせて2日に1回または3日に1回というように定期的にケアすることが必要である。

※バリア層   角質層にあり外界からの色々な雑菌の侵入や刺激に対して身体を防御する働きをしています。当然、育毛剤等もこのバリア層を通過することができない。従って頭皮に塗布された育毛剤はほぼ100%が毛穴からしか毛根部分に入っていかない。

頭皮・毛穴周辺部

髪を育てる大地である頭皮は常に過剰な皮脂で満たされていることが多い。そうなるとそこに棲息しているおよそ50種類とも言われる皮膚常在菌の働きや酸化によって毛穴の入口が刺激を受け角栓が形成され、髪の毛が生えてくる出口が塞がれてしまう。こうなるとこれだけでも、髪は生長しにくくなってしまいます。
しかも今度は出口を失った皮脂が毛穴の中に滞留していまい脂栓となってしまう。こうなると髪の毛は本来の太さとハリのある丈夫な髪の毛に生長することができなくなる。さらに髪の毛が毛穴の中にしっかりと固定しようとする力、つまり毛根固着力が低下し髪はより一層抜けやすい状態にしてしまう。さらに発毛と自然脱毛をコントロールしている毛周期を短縮させてしまい毛根自体をもその働きを萎縮させてしまう。
頭皮・毛穴周辺部

頭皮は髪を育てる大地です。
頭皮は皮脂腺・汗腺から分泌された皮脂や汗によって造られた天然のクリームによって保護され、適度な潤いのある状態が維持されることによって、大切な髪を守り育てています。
皮脂腺

髪の毛が細くなったり、薄くなったりすると皮脂腺は大きくなり、またその数も大きくなる傾向が見られます。男性ホルモンの標的組織である皮脂腺は髪の生成を阻害すると言われている酵素(5αリダクターゼ2型)の標的細胞であることからDHT(男性ホルモンよりもその作用が5倍〜20倍強い)が多量に造られてATP(アデノシン3リン酸)がスムーズに毛母に届かないようになり、髪は細く短いものしか造られなくなってしまいます。
皮脂腺

毛を伝って多からず少なからず適度な量の皮脂を皮膚表面に分泌している。
しかし、この皮脂は髪や頭皮に潤いを与えるだけでなく、実はストレスに対する生体防御に対しても大きな働きをしています。
毛乳頭・毛母細胞

正常な毛乳頭と比較して、毛乳頭内の細胞はその種類が少なくなっており、毛髪繊維の生成がスムーズでなくなっています。またその形も小型になり、細胞の分裂も衰えています。
毛乳頭・毛母細胞

各種の細胞が毛周期に応じて活発な働きをしており、髪の生長に深く関与しています。
また成長期の毛乳頭は、ロウソクの炎のような形態をしており細胞が活発に働いていることを示しています。
毛細血管

毛根部分を取り巻く毛細血管網の分布は粗く、少なくなっていることが多く生長期の毛根でも髪の毛の素になる栄養の供給が充分でなくなるので太毛でハリのある丈夫な髪の毛の生成は望めなくなってきます。
毛細血管

毛包や毛母細胞に必要な栄養分を運ぶ。正常な人はまず毛根部分を取り巻いている毛細血管の数が多くしかもその1本1本が太い正常な毛根も毛細血管網の分布によって毛周期が決定されています。生長期の毛根は豊富な毛細血管で包まれ、毛根への栄養(髪の毛の素になる18種類のアミノ酸を中心とした栄養)の供給がスムーズに行われていることがよく分かります。


脱毛の原因

あなたの日常生活は、さまざさな脱毛の原因にかこまれています。


1.不規則な生活、アンバランスな食生活

私たち日本人の身体には日本食が良いとわかっていても、いつの間にか自然と欧米化した食生活に変わってきています。  好きなものを好きなときに好きなだけ、暴飲・暴食、偏食、インスタント食品アルコール、タバコ、着色量・防腐剤含有食品の氾濫など、これでは頭皮や毛穴、毛根のコンディションを損なって当然です。


2.体質・症状に適さない誤った手当

せっかくの手当も、それがご自身の体質や症状に合っていないとかえって逆効果になるのです。ヘアドクターではこれまで20万人を超える膨大なデータ集積をもとに、まず最初にコンピュータ毛髪診断を行っています。また「毛髪診断士」の資格を持ち豊富な知識と経験のあるベストカウンセラーがお客様の体質や症状にあった最もベストな育毛方法・お手当方法について、的確にお答え致します。

3.ストレスなどの精神的な疲労

仕事そのものや人間関係、家族の仲、対人関係、精神的なショック、受験、多忙、環境の変化などストレスは計り知れなく私たちを襲ってきます。食欲不振・睡眠不足・胃腸病・肩こり・頭痛・イライラなど何か症状がではじめたら多くの場合ご自身が気が付かないだけでそれと同時に抜け毛の量もどんどん増えているはずです。

4.体質遺伝

実は遺伝だから必ず髪の毛が薄くなるということはないのです。ただ脂症体質であるとか汗をたくさんかきやすいというようなことが原因でそのためのケアをきちんとしないと薄くなりやすいと言われている体質を受け継いでいるだけなのです。だから同じ兄弟でも、薄くなる人とならない人がいるのです。普段の心掛けや手当次第で抜け毛・薄毛を防ぎ、健康な髪を一生涯維持させことができるのです。

5.病気や薬による副作用

毛穴の中で24時間毎日髪の毛を造っている毛母細胞は、身体の中で一番活発に細胞分裂を繰り返している組織の1つです。従って病気や薬などの副作用には最も敏感に反応します。

6.その他

ケガ・キズ・ヤケドや過度のパーマ・染毛など様々な原因が考えられますが、ほとんどの場合これら複数の原因がからみあい、互いに影響しあっているケースが多数派。また生活習慣や体質などによる個人差もあるため、効果的な手当のためには切れ毛も含めてまず脱毛原因の究明から始めることが大切です。



今、最も多い脱毛症の一例

男性型脱毛症

頭皮の緊張・ストレス・食生活・男性ホルモンや皮脂の過剰分泌・体質遺伝と様々な原因が言われていますが、いずれも、ただ単に原因は一つということではありません。一つ一つの原因が徐々に積み重なり、それが引き金となって脱毛が本格的に始まるのです。 早期発見、早期手当を行うことにより、一本一本を太毛でハリのある健康な髪に育てる事ができます。

女性の脱毛症(男性型脱毛の女性版)

今の時代、ストレスのない人はほとんどいません。かつてと違い、特に女性の場合は仕事を持ちその責任を背負いながらも家庭と職場を両立させており、ついつい無理をしがちです。年々女性でも男性型脱毛症(いわゆる若ハゲといわれている症状のこと)の女性版と言われる女性型脱毛症にかかる方が増えています。手遅れにならないうちにお早めに適切な処置と手当をお受けください。なぜなら男性の場合はどちらかというと一本一本の髪の毛が細くなって薄くなることが多いのに対して女性の場合はその細い髪の毛さえも生えてこなくなって薄くなることが多いのです。

円型脱毛症

円型脱毛症にもすぐ回復するもの、長引くもの。それが一カ所だけのもの、また、いくつも重なり広がるもの。全頭に及ぶものなど様々ですがどういう訳か近年は単純性のものでも以前と違って回復しにくく、一旦回復してもまたすぐに再発してしまうという状態を何年も繰り返す方が多くなっています。こんな場合には、放っておいてもより一層悪化するだけで、なかなか完全には回復しません。一日も早い専門的なお手当と体調のコントロールが必要です。




髪の毛の状態が伝える危険信号

1.髪が細くなり、コシがなくなった。

2.髪がバサつき、ツヤがなくなった。

3.髪が以前より赤っぽくなってきた。

4.過度のパーマ、染毛・脱毛などにより、頭皮や髪が痛んで
  抜け毛・薄毛を早めたりその原因を自ら創っていると思われる


このような段階であれば、毛根はまだ休んでいるだけです。つまり、生長期よりも休止期に入った毛根が多くなっていて、髪の毛を造る働きが完全に途絶えて死んでしまったわけではありません。抜け毛や薄毛の進行をくい止め少しでも早く髪を豊かに生えさせるためにも、ご自身の脱毛原因や体質・症状に合った適切な手当てを早目に行うことが必要です。


頭皮の状態が伝える危険信号

1.髪を洗っても、すぐにベタつく。

2.洗ってもすぐにフケがでて、かゆい。

3.頭皮がほてり、ニキビや湿疹ができやすい。


多くの場合こういった方の頭皮はいつも過剰に分泌されたな皮脂で充たされています。そういった方の頭皮や髪の毛はおよそ約50種類と言われる皮膚常在菌の働きや毛穴から分泌された皮脂の酸化によって毛穴の入口に角栓が形成され、髪の毛が生えてくる際の出口である毛穴が塞がれています。そうなると、毛穴の中の皮脂は頭皮の外に排泄されなくなり毛穴の中で脂栓となり、毛根固着力を低下させ、今ある髪から新しく生えてくる髪までシャンプーやブラッシングなどほんのちょっとしたことでも常に抜けやすい状態にしてしまいます。そうなると新しく生えてきた髪の毛の寿命が本当は3年から6年あるにもかかわらず髪の毛としての寿命が来て抜けていくまでの発毛の周期(毛周期)が短縮化してしまい十分に生長しないうちに抜けていく異常脱毛が発生します。さらに過剰に分泌された皮脂は、毛穴の中で毛母細胞の細胞分裂をも鈍化させ、今生えている髪から新しく生えてくるすべての髪に対して健康な毛髪造りを阻害します。

Copyright(C) ヘアドクター発毛科学研究所 All Rights Reserved. 
現在のページ:脱毛のメカニズム