ヘアドクター発毛科学研究所
頭皮の雑菌・皮膚ダニ(顔ダニ)
ヘアケア用品は専門家の居るお店で:0120-41-9676
ホーム 商品一覧 髪の基礎知識 ショッピングガイド 髪のQ&A カート
髪の基礎知識>頭皮の雑菌・ダニ


あなたの頭皮にも雑菌やダニがいる! それらは一部は頭皮や毛穴に入り込み毛根部分の養分をエサとし異常繁殖し、その結果、頭皮や髪の毛にも様々な悪影響を与えているのです。


皮膚常在菌

 皮膚には、マラセチュアや皮膚ブドウ球菌、アクネ桿菌 など約20〜30種類の雑菌類の一種である、「皮膚常在菌」がいます。 頭皮の脂やフケなどをエサに増殖し、毛髪の生長サイクルを乱す働きをし、 それが異常脱毛による抜け毛や薄毛の原因の一つとなることもあります。

また、皮膚常在菌は1cu当たり数十万から数百万個も生息し、皮膚細胞の生命活動と密接に関わりながら一定のバランスを保っています。
しかも同じ皮膚でも頭皮には髪の毛がある関係でちょうど密林のような状態なのでほかの部位よりたくさんの皮膚常在菌が存在しています。

この皮膚常在菌は皮脂成分や古くなって剥がれ落ちた皮膚片・汗などを栄養として脂肪酸を造り、保湿成分の生産や紫外線皮膚透過の抑制、活性酸素を分解する物質の生産などをおこなっています。
また、雑菌・病原菌の定着侵入を抑制するバイオフィルムの役割を持っています。
(近年抗菌加工された製品の使用や過剰なまでの清潔志向の結果、皮膚常在菌の減少による細菌に対する抵抗力の低下が心配されています)。


人間の腸内には無数の細菌が存在しています。細菌には善玉菌と悪玉菌があり、そのバランスをうまく調整することによって健康な腸内環境を維持することが出来ます。
医学的にも腸内の善玉菌を増やす療法がかなり注目されています。
頭皮をはじめ皮膚の表面も腸と同じで皮膚常在菌が無数に存在しており、この善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れることでトラブルが起こります。
善玉菌は保湿成分の生産、紫外線によるシミ・ソバカスの抑制、活性酸素を分解する物質の生産などを行っています。また雑菌、病原菌をはねのけ、アレルゲンやダニが皮膚から侵入しないようにしています。
善玉菌が減少し悪玉菌が増殖すると、皮膚の表面の角質細胞にダメージを与え、乾燥肌、敏感肌、アトピー性皮膚炎などの肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。
このような肌トラブルをおこさないためにも、善玉菌が十分に育成しやすい環境を造り、菌のバランスを整えることが大切になってくるのです。



皮膚常在菌は髪にも重要

この皮膚常在菌はもちろん頭皮にも顔の皮膚と同様に一定のバランスを保ちながら特に大量に生息しています。皮膚常在菌が分泌するリパーゼ(酵素)によって作られる脂肪酸は、頭皮細胞と毛母細胞の発育に関係しています。
そこで、頭皮の新陳代謝を高め適度な皮脂量を保つ皮膚常在菌のバランスを考えたスキャルプケアが頭皮の健康にとって重要なポイントになります。

そのなかで、皮膚常在菌の一種でカビの仲間である皮膚常在真菌(マラセチア・フルフル)がフケの増加に関係があると言われています。
マラセチアは皮脂が多いと繁殖し、頭皮に刺激を与えることで新陳代謝を活発にします。通常のサイクル以上の速さで新陳代謝が進むとフケが大量に発生することになります。
この真菌(カビ)は女性より男性に多く見られ、特に皮脂分泌の多い20代・30代に多いと言われています。


毛穴の入口付近に棲んでいるアクネ桿菌。
通常は肌を弱酸性に保つために働く良い細菌です。それだけに、アクネ桿菌は誰の毛穴にもいます。問題はその増殖率なのです。皮膚ダニもアクネ桿菌同様、誰の毛穴にもわずかに棲息する微生物です。
しかし、毛穴に溜まった角栓が多いとダニなどがそれを食べ、毛穴の入口付近で異常増殖してしまうのです。たった1つの毛穴から見つかったということは、少なくともその数十倍増殖している可能性が高いのです。
毛髪トラブルの原因で男性ホルモンの働きによって増加した皮脂の分泌量がアクネ桿菌を異常増殖させたことも関係していることがあります。
正常でも少数の菌はいますが、ある程度以下の数以下に抑えられており、悪さは起こしません。それが免疫力の低下やアトピー、環境的な問題により菌が繁殖する条件がそろうと、異常繁殖してしまい、それが原因となって病気になることがあります。

まず皮膚を清潔に保つことが大切で、シャンプーで汚れと菌を洗い落とし、頭皮を保湿させることが重要です。

頭皮が良好な状態
皮脂線や汗腺から分泌される汗や皮脂をエサとして、善玉常在菌が皮脂膜を形成している。悪玉菌の数が少なく、皮脂膜の天然のクリームによって、肌がなめらかにうるおっている状態。


頭皮が荒れている状態
なんらかの原因によって皮脂膜の層が壊れ、善玉常在菌の数が減少。頭皮の表面が乾燥して、そこに悪玉の常在菌が棲みつき、肌荒れなどの炎症を引き起こしている状態。
 


頭皮や毛包、皮脂腺に潜む皮膚ダニ(顔ダニ)

 雑菌だけではありません。 最近ではいろいろと騒がれるようになってきましたが、皮膚には皮膚ダニが生息しています。 皮膚ダニはクモの仲間でダニ科に属し、8本の足を持ち,口器を皮脂や細胞に差し込んで栄養分を吸い取ります。
 皮脂の分泌が多い部分を中心にほぼ全身に生息しており、主に毛根に住む大型タイプのデモデクス・フォリキュロラムと皮脂腺に住み皮脂をエサとする小型タイプのデモデクス・ブレビスの2種類がいます。  写真は毛根部に生息するデモデクスフォリキュロラムです。 毛根部の栄養を吸い取って、細胞組織を傷つけ、頭皮の炎症や抜け毛を引き起こします。  またこれらのダニは毛髪だけでも髪の毛1本に3匹いれば、全部で10万本の髪の毛があるとすれば約30万匹の皮膚ダニがいることになります。

 皮膚ダニの活動は私たちの睡眠中に活発になり、夜、私たちが眠っている間に、皮脂腺や毛根部分から這い出してきて活動し、皮膚表面を排泄物や死骸で汚染してしまいます。
さらに皮膚表面に残った汚れを手足にくっつけたまま、再び皮膚の内部、つまり毛穴の奥深くへと戻っていきます。  そして、卵を皮膚の下2mm前後のところに横穴をあけ、角質層に約50個程の卵を産み付け、約2週間で繁殖します。
脱皮を繰り返し0.1mmから0.4mmの成虫となります。 



97%以上もの人にいる、恐るべき増殖力と感染率

この皮膚ダニ、90万人以上を対象にしたある調査によれば97%以上の方に皮膚ダニが生息していることがわかっています。  皮膚ダニは接触など様々な経路で簡単に感染しますので完全に駆除するのは難しいのが現状です。 ただ、皮膚ダニを異常繁殖させないことは可能です。 異常繁殖した皮膚ダニがどのような影響をもたらすのかご説明いたしましょう。

皮膚ダニが頭皮やお肌に与える影響
@ 皮膚ダニは、皮膚の外に這い出す際、大きく穴を広げるためキメの粗い肌になり、またその死骸や排泄物によって「ニキビやアトピーの原因」になるとも言われています。
A 皮膚ダニが毛根部の栄養を吸い取るため、まだ生長期でこれからも3年も5年も伸び続けるはずの髪の毛が抜けてしまう異常脱毛の原因にもなっていると言われています。
B これまでにステロイド剤をたくさん使っている人は皮膚自体の免疫力が低下してしまいますからダニが活発化してしまうと言われています。
C 石鹸で洗顔せずにステロイド系のクリームやクレンジングの洗い残しや拭き取るだけで就寝してる人はダニの食べ物が多くなる訳で、皮膚の常在菌のバランスが崩れ(数が増えてしまい)ニキビや皮膚病を引き起こすと言われています。
D 皮膚ダニは、皮脂腺の栄養を吸い取るので、それが、かぶれや炎症の原因になるとも言われています。
E お肌の周期は28日ですが、その周期を乱すため「カサカサの乾燥肌」になりやすくなると言われていますので注意が必要です。
 
皮膚ダニの働き
@ 脂肪性の分泌物を食べて処理するという大切な働きもあると言われています。
A 完全に駆除してしまうと、今度は毛包での脂肪分が処理されなくなってしまい、別な肌トラブルに悩まされるということもあると言われています。そういったことから、駆除ばかりを考えるよりは、増えすぎないようにするなど上手に共存していくことも大切です。


毛穴に雑菌やダニが異常繁殖しないためにもいつも清潔に保ちたいもの!


そういったトラブルに対して有効と思われるものの一つに毎日のシャンプーはもちろんですが毛穴の汚れを除去する“毛穴スパリキッド ポアスキャルプクリーンHD”があります。
毛穴の中の壁に入口から奥深くまでコンクリートのように硬く頑固にこびりついた皮脂などの脂汚れを取り除きます。つまり、皮膚ダニの餌になるものを取り除く訳です。




 
Copyright(C) ヘアドクター発毛科学研究所 All Rights Reserved. 
現在のページ:頭皮の雑菌・皮膚ダニ(顔ダニ)