化学的に作られた合成界面活性剤などが入っているシャンプ−は、使用しない方がいいのでしょうか?


 
Answer
界面活性剤と言っても、どういうものなのか知らないという方がほとんどでしょう。洗剤は本来まじり合わない水と油脂の境目をなくしてまじり合わせる界面活性剤の「界面活性」という特性を利用して造られ、いろいろな汚れを取り除いています。石けんも界面活性剤ですが、石けんの界面活性剤は主として動植物の油脂から作られています。しかし、その他の多くの界面活性剤は動植物の油脂と、鉱物から抽出した鉱油の両方を原料としています。

 私たちの皮膚に界面活性剤が安全であるかどうか心配されるところですが、厚生労働省がかつてまとめた「洗剤の毒性とその評価」では、その刺激性について次のように触れています。「ヒトの皮膚表面には細胞を守るために脂の膜が作られている。この膜がなんらかの理由で不足するとき表面の細胞は脱水状態となり皮膚障害状態に移行する。(中略)洗剤は界面活性剤の洗浄力を活用したものであるため、洗浄力の強いものほど手指の脂質を落としてしまうことになり(以下略)」その中でも鉱油を含んでいる界面活性剤を使用している洗剤やシャンプ−類のほとんどが、皮膚障害を起こしてしまうと指摘し、警鐘を促しているのです。

 シャンプー等による害はシャンプーした後で、これらが頭皮や髪の毛に残らないようきれいに洗い流すことでほぼ完全に防ぐことができます。しかし、育毛の観点からすると、これらの害よりもむしろ頭皮の汚れによる害の方が心配なのですが、この汚れ残念ながらシャンプー以外では取り除くことができないのです。従って、まずシャンプーで頭皮と髪の毛の汚れを落とし、シャンプー後はしっかり洗浄することが大切です。シャンプ−やトリ−トメント剤が頭皮や髪の毛に残ったままだと、かえってチリやホコリを集めてしまうことにもなり、これらがさらに汚れを誘発してしまいます。シャンプ−やトリ−トメントの後は、シャワーなどでしっかりと洗い流すことを心がけましょう。