正しいシャンプ−やトリ−トメントの仕方というのは、どういう方法ですか?


 
Answer
1日1回のシャンプ−で、1度洗いでもいいのですが、当然、個人差があります。
 体質的に脂性の方・多汗症の方、また仕事やスポ−ツあるいは夏場などで汗をたくさんかいた時は、頭皮・髪の毛ともに通常よりもたくさん汚れています。従って、標準よりもシャンプ−の回数を多くして、1回で2度洗いをお奨めします。また汚れの度合いによっては、一回当りのシャンプーの使用量を増やしてください。

 また、育毛のためには本来、頭皮を保護する意味で残しておきたい「潤いの成分」まで、シャンプ−によって洗い流してしまいます。この「潤いの成分」を残そうとすると逆に汚れをも頭皮と髪の毛に残してしまうことなります。従って、頭皮の汚れ、特に余分な皮脂をきれいに取り除くには、「潤いの成分」をも洗い流さざるを得ないのです。しかし、心配はいりません。この「潤いの成分」を頭皮と髪の毛に補うものが、トリ−トメントなのです。

 髪の毛だけでなく頭皮全体にまでトリ−トメント剤がよく行き渡るよう、指の腹でマッサ−ジしながら地肌によく擦り込んでください。
 また、育毛剤をご使用の場合は、シャンプ−とトリ−トメントの後、それらをきれいに洗い流した上で、頭皮を適度(7割〜8割程度)に乾燥させてから、塗布された方が、毛穴からの吸収浸透率を高めることができ効果的です。