育毛剤の効果が出るまでには何ヶ月もかかるそうですが、どうしてですか?


 
Answer
それは、髪の毛には「発毛周期」という生長サイクルがあるからです。髪の毛の寿命は、年齢や男女によっても個人差がありますが、平均して男性3年〜5年、女性4年〜6年と言われています。
 しかし、ストレスや血行不良・栄養不足・皮脂の過剰分泌など様々な原因によって、毛根が弱ってくると、休止期の期間はほとんど同じなのですが、生長期の期間が短くなります。こうなると、髪の毛は十分に生長することができなくなり、髪の毛としての本来の寿命が短くなります。そうなると、どうしても寿命が短い分、細く短い髪の毛にしか生長できなくなってしまうのです。

 また、こういった髪の毛は、髪の毛本来の寿命(平均して男性3年〜5年、女性4年〜6年)を全うする事ができませんので、せっかく生えてきてもすぐに抜けて落ちてしまいます。
従って、その後から生えて来る新しい髪の毛は、以前よりさらに細く短くツヤとハリのない弱い髪の毛となっていくのです。その上、髪の毛全体に占める割合としては休止期の状態にある髪の毛の方が多くなります。そうなると当然生えている髪の毛の本数も少なくなり、全体としてはどうしても薄毛になってしまうのです。

 上記のような髪の毛はもちろんですが、太毛でツヤとハリのある元気で健康な髪でさえも、寿命が来ると休止期に入り、毛根部分では自然と生長活動が停止し、いつの間にか自然に抜けて行きます。その休止期の期間、つまり髪の毛が一旦抜けて、新生毛として次の新しい髪の毛が生えて来るまでには約4ヵ月から6ヵ月という時間がかかるのです。

 毛根が健康で元気な人であっても休止期の期間の約4ヵ月から6ヵ月間は髪の毛が生えて来ないわけですので、育毛剤を使用したとしても、十分にその効果が表れるまでには4ヵ月から6ヵ月以上はかかるのです。従って一定以上の品質の育毛剤であれば、どのような育毛剤であっても、その育毛剤の効果を十分に引き出すためには、最低でも4ヵ月から6ヵ月以上は続けてお使いになられることをお奨め致します。